トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[陸上]鈴木亜由子「質の高い練習積みたい」 名大後輩の国司さんを練習パートナーに金目指す

2019年12月15日 18時30分

練習パートナーを務める国司さん(左)と鈴木

写真

 陸上の東京五輪女子マラソン代表、鈴木亜由子(28)=日本郵政グループ=が15日、名古屋市内で取材に応じ、1月中旬からの米国合宿で名大の2学年後輩に当たる国司寛人さん(26)が練習パートナーを務めることについて「メダル獲得を目指して、大学時代と同じように一緒に走り、質の高い練習を積みたい」と話した。

 国司さんは現在大学院の博士後期課程2年。研究と競技を両立し、3月の東京マラソンを日本人学生2位の2時間15分59秒で走った。高橋昌彦監督(53)が「気心知れた後輩なら鈴木も安心できる。女子の世界記録(2時間14分4秒)に近い自己記録なので、彼を超えないと金メダルはないぞ」と笑いを誘うと、鈴木も「打倒国司で頑張ります」と応じた。

 この日は母校の名大で開かれた東京五輪の壮行会に出席。経済学部卒業の鈴木は9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で2位に入り、五輪切符を獲得した。久々に訪れた母校で「大学時代に走る喜びを改めて知った」と懐かしそうに話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ