トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

マラソン五輪代表の鈴木亜由子に”名大魂” 「走る喜び」を再確認した母校で壮行会

2019年12月15日 12時20分

写真

 東京五輪の女子マラソン日本代表、鈴木亜由子(28)=日本郵政グループ=の壮行会が15日、母校である名古屋市千種区の名古屋大で開催された。陸上競技部の現役学生から花束を受け取り、「(札幌開催のマラソンは)周回コースと決まったという報道が出ていたが、やるべきことは今までと一緒。メダルを目指して頑張りたい」と宣言した。経済学部卒業の鈴木は9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で2位に入り、五輪切符を獲得した。

 名古屋大4年でユニバーシアードに出場し、女子1万メートルで金メダル。「学生の身分ではあったが、日の丸をつけて走り、さらに上を目指したいと思った。大学時代に改めて走る喜びを知れた」と久々に訪れた母校で懐かしそうに話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ