トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ナガマツ「年内最後の大きな大会 優勝を目指す」初日本一の勢いそのまま「ツアーファイナル」へ

2019年12月9日 21時1分

ツアーファイナルに向け出国した永原(右)、松本組

写真

 バドミントンのワールドツアー年間王者を決める「ツアーファイナル」(11日開幕・中国)に向けて日本代表が9日、羽田空港を出国。女子ダブルスで世界選手権2連覇の永原和可那(23)・松本麻佑(24)組(北都銀行)が、初優勝を誓った。

 先日の全日本総合選手権で初の日本一に輝いたペアが、初タイトルを狙う。「年内最後の大きな大会なので2人で優勝を目指す」と松本。直近の主要国際大会では4大会連続で準決勝で敗退しており、まずは決勝進出が目標だ。永原も「最近の国際大会ではベスト4の壁を破ることができていない。ここをまず1つ突破できるよう頑張る」と意気込んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ