トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[卓球]水谷隼 “卒業”はシングルスだけ? 新春の「全日本」ダブルスに出場 代表監督も「??」

2019年12月6日 17時4分

水谷隼

写真

 来年1月13日に開幕する卓球の全日本選手権(丸善インテックアリーナ大阪)について、日本代表監督が6日、東京都内で見どころを解説した。前回大会で“卒業”を表明したリオデジャネイロ五輪銅メダリストの水谷隼(30)=木下グループ=が、男子ダブルスで出場することが話題となっている。

 前回、男子シングルスで10度目の優勝を果たした瞬間、水谷は「全日本はことしで最後にしようと思っている。来年は出場しないんじゃないか」と“卒業”宣言。だがそれはシングルスだけだったのか。今回は同じ所属先の大島祐哉(25)とタッグを組んで出場する。2人は前回3位、前々回優勝と実績のあるペアだけに、あなどれない。

 男子代表の倉嶋洋介監督(43)も「うーん、ここはちょっと細かくは分からないんですけど…。シングルスは引退しているんですけど、ダブルスは出場するということで」と首をひねりながらも「優勝候補の一つです」と断言した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ