トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

残り時間ゼロで49ヤード勝ち越しFG決めた!レーベンズが「黄金の脚」で頂上対決に劇勝

2019年12月2日 20時17分

自身のTDを同僚(左)と喜び合うレーベンズのQBジャクソン(AP)

写真

◇1日 NFL第13週第2日 レーベンズ 20―17 49ers

 NFLは1日、各地で第13週第2日の12試合を行い、AFC北地区首位レーベンズがNFC首位49ersとのカンファレンス頂上対決に20―17で競り勝った。悪天候の中、今季MVP最有力候補のQBラマー・ジャクソン(22)がパスで105ヤード1TD、自ら走って101ヤード1TDと奮闘。最後は同点で迎えた残り時間ゼロにKジャスティン・タッカー(30)が49ヤードFGを決めて勝ち越す劇勝だった。

 「パスは良くなかった。天気の影響があった。けど、タッカーは黄金の脚を持っている。決めてくれるのは分かっていた」とジャクソン。レ軍はこれで8連勝。この日ペイトリオッツが敗れたためAFC首位タイに。49ersはセインツに並ばれ、こちらもNFC首位タイになった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ