トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

エースの進化は止まらない桃田賢斗「ヘイ!ヘイ!」自ら鼓舞!自ら仕掛ける新スタイルで連覇

2019年12月1日 23時29分

男子シングルスの連覇を決め、ガッツポーズで雄たけびを上げる桃田

写真

◇1日 バドミントン全日本総合選手権 最終日(駒沢体育館)

 バドミントンの全日本総合選手権最終日は1日、東京・駒沢体育館で各種目の決勝が行われ、男子シングルスは世界ランキング1位の桃田賢斗(25)=NTT東日本=が2年連続3度目の優勝を果たした。

 鋭いスマッシュがコートに突き刺さると、桃田は左拳をすくい上げるように動かし、連覇を喜んだ。「去年の優勝は、世界1位になって気持ちがふわふわして弱い部分があった。今年はまだ目指している世界1位とは程遠いけれど、自信を持って大会に臨めた。連覇もこれから先の自信になる」

 今季は世界選手権など国際大会で10勝。ラリーで粘ってミスを待つ守備型のプレースタイルから攻撃のバリエーションを増やし、自ら勝負を仕掛ける新たなスタイルで勝ち続けた。

 この大会も5試合全てストレート勝ち。西本との決勝でもマッチポイントを握った場面で「ヘイ!ヘイ!」と叫んで自らを鼓舞し、会場の空気を味方につけた。「ことしは不安の中で、もがきながら修正して結果を残せた。前まではミス待ちというメンタルだったのが、今は自分から点を取りにいける。その点で成長したと思う」

 中国代表・林丹の北京五輪優勝シーンをよく動画で見るという。自国開催の五輪を制した英雄に自身を投影しながら、「日本のエース」として大舞台が待つ来年を迎える。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ