トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[バドミントン]世界一の貫禄 桃田が5戦すべてストレート勝ちで連覇達成「成長できた」

2019年12月1日 14時19分

全日本総合選手権2連覇の桃田

写真

◇1日 全日本総合選手権・決勝(駒沢体育館)

 男子シングルス決勝は、世界ランキング1位の桃田賢斗(25)=NTT東日本=が西本拳太(トナミ運輸)にストレート勝ち。5試合全てストレート勝ちで勝ち上がり、自身初の2連覇を達成した。

 桃田は「去年優勝したときは、世界ランキング1位になってふわふわしていたというか…。こんな世界1位でいいのかという弱い気持ちがあった。ことしはツアー大会で10回優勝できたし、まだ目指している世界1位とは程遠いんですが、自信を持って臨めました。独特の緊張感の中でも自分のプレーができたのは、成長できた部分です」と喜びを語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ