トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[バドミントン]タカマツペア4強入り 準決勝はナガマツペアと激突 五輪選考とは無関係も「納得するプレーを」

2019年11月29日 13時44分

準決勝に駒を進めた高橋(左)、松友組

写真

◇29日 全日本総合選手権・準々決勝(駒沢体育館)

 女子ダブルス世界ランキング4位の高橋礼華(29)、松友美佐紀(27)組=日本ユニシス=がストレート勝ちで準決勝に進んだ。

 1週間前の韓国マスターズでも戦ったペアを相手に、第1ゲームは21−18と競った展開になったが、第2ゲームは21−5で圧倒した。松友は「第1ゲームは競る展開になると思っていたし、落としてもいいと思っていた。ノればいけるので、落ち着いてできた」と振り返った。

 準決勝では世界ランキング3位の永原、松本組と対戦する。五輪選考に直接つながる大会ではないため、高橋は「ここで勝たなきゃいけない、とは思っていない。それよりも自分たちが納得するプレーができれば」と冷静に見据えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ