トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

完治していなくても「寺本は元気です、と見せたい」両足首痛抱えたまま豊田国際体操出場へ

2019年11月28日 23時29分

番組で共演したももクロクローバーZらの前で練習の一端を披露する体操女子の寺本明日香(手前)

写真

 体操女子のエース寺本明日香(24)=ミキハウス=が28日、名古屋市の東海テレビで、同局の正月番組「壮だったのか!たけい荘Z 東京五輪を東海地方から盛り上げるZッ!!」の収録に参加。アイドルグループ「ももいろクローバーZ」や、来年の東京五輪マラソン女子代表の鈴木亜由子(28)=日本郵政グループ=ら愛知出身の女性アスリートらと共演した。

 寺本は収録中に他競技の選手と交流し、「いろいろな戦略を練るのがやはり大事なんだと思いました」と感想を語った。中でも、スケートボードストリート女子の13歳、織田夢海(ムラサキスポーツ)から大きな刺激を受けた様子。「昔の自分のようだった。純粋な気持ちで競技をすることが大切とあらためて知りました」と気持ちを新たにした。

 今後は12月14日開幕の豊田国際体操(中日新聞社主催)に出場する。10月の世界選手権で苦しんだ両足首の痛みは完治していないが、寺本は「治療しながら試合をすると決めたんで…」とキッパリ。「寺本は元気ですというところをみせて、いい形で2020年を迎えたい」と意気込んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ