トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[バドミントン]高校総体優勝の奈良岡が日本代表撃破 「自分の方が気持ちで勝っていた」

2019年11月28日 16時50分

◇28日 全日本バドミントン総合選手権(東京・駒沢体育館)

奈良岡功大

写真

 本戦2回戦を行い、男子シングルスは全国高校総体王者の18歳、奈良岡功大(浪岡高3年)が日本代表の下農走(しもの・はしる=22)=トナミ運輸=をストレートで撃破した。

 「相手よりも自分の方が気持ちで勝っていた」と奈良岡。中学時代から日本代表入りし、昨年に世界ジュニア選手権銀メダルを獲得。日本の次期エース候補として将来を期待されていたが、昨年の全日本総合選手権で成績を残せず今季の代表から外れた。

 だからこそ「代表選手には絶対に勝ちたかった。1年間、高校できつい練習を乗り越えてきたので、自信をつけることができました」と力を込める。この夏は準優勝2度していた全国高校総体で悲願の優勝も決めた。「あしたもこの勢いに乗ってガンガン攻めていきたい」と元気よく誓った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ