トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[バドミントン]男子複 10歳差の遠藤・渡辺組が出血も勝利

2019年11月27日 14時47分

初戦を突破した遠藤(左)、渡辺組

写真

 バドミントンの全日本総合選手権は27日、東京・駒沢体育館で全種目の本戦1回戦を行い、男子ダブルスは遠藤大由(32)、渡辺勇大(22)組=日本ユニシス=がストレート勝ちで初戦突破。

 ベテランの遠藤は「最近の若い子は技術がすごい。勢いもあって危なかったが勝てた。優勝できるようにコンディションを整えていきたい」振り返り、渡辺は「ひざを擦りむいて血が出たが、逆に流れを変えることができた」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ