トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

首都大学MVP右腕は1試合も投げずに涙のタイブレーク敗退…来秋ドラフト候補の東海大・山崎伊織「来年は勝負の年」

2019年11月19日 22時25分

来秋のドラフト候補が無念の涙

写真

 第50回明治神宮野球大会は19日、神宮球場で大学の部準決勝を行い、慶大(東京六)、関大(関西1)が決勝に進んだ。慶大は、中村健人外野手(4年・中京大中京)の先頭打者本塁打で主導権を握って城西国際大(千葉県)を振り切った。15年ぶりの決勝で2000年以来19年ぶり4度目の優勝を狙う。関大は延長10回タイブレークで東海大(関東2)を破り、山口高志(元阪急)を擁して優勝した1972年以来47年ぶりに準決勝を突破した。

 タイブレークで敗退した東海大のエース山崎は、登板なしに終わった。今秋は首都リーグの最優秀投手、MVPに輝いたが、神宮大会出場を争った関東地区選手権で右肘を痛め大事を取った。

 「試合で投げるのは厳しい状況だったのでサポート役に回るしかなかった。投げたい気持ちはありました…」。目標だった先輩・海野との優勝が果たせず、目を赤くしたプロ注目の3年生エースは「来年は勝負の年なので、自分に厳しくやって日本一になりたい」と誓った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ