トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[ソフトボール]ビックカメラ高崎敗れ、敗者復活へ 五輪本番の舞台でエース上野の代役若手が粘れず

2019年11月16日 14時50分

6回に2失点したビックカメラ高崎の浜村ゆかり

写真

  ソフトボールの日本リーグ女子1部決勝トーナメントが16日、横浜スタジアムで開幕。リーグ戦1位のビックカメラ高崎が、同2位のホンダに1−3で負けた。

 ビックカメラ高崎は大黒柱の上野由岐子が顔面骨折し、シーズンのほとんどを戦線離脱。リーグ中に若手投手たちが台頭したが、この日は粘れなかった。5回途中から登板した浜村ゆかり(24)が6回に決定的な2失点。ロースコアの展開だけに「しんどい時に、もっと粘る投球をしないといけなかった」と悔しがった。

 一方で先発の勝股美咲(20)が3回無失点。「いい経験をさせてもらえた」と自信を深めた。この敗戦で2年ぶりの優勝には17日の3位決定戦、決勝戦の2試合で連勝する必要があり、険しい道のりとなった。

 2人にとっては東京五輪のソフトボール実施会場である横浜スタジアムのマウンドに立てたことが何よりの経験。勝股は「五輪でここに立てるように頑張りたい」と意気込み、浜村は「自分の形にはまれば投げにくくはないので、対応しないと」とイメージを膨らませていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ