トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[アーチェリー]現役女子高生17歳の園田稚が東京五輪へ前進「いい試合ができた」1次選考会を突破

2019年11月14日 17時46分

東京五輪代表1次選考会を突破した園田(左)

写真

 アーチェリーの東京五輪代表1次選考会は14日、本番会場となる東京都江東区の夢の島公園アーチェリー場で最終ラウンドが行われ、女子は昨年秋に史上最年少でナショナルチーム入りした園田稚(わか・17)=足立新田高=ら上位8人が突破し、2次選考会に駒を進めた。男子は2012年ロンドン五輪銀メダリストの古川高晴(35)=近大職=らが突破した。

 代表に決まれば、現役高校生として五輪を迎える園田は「いい試合ができた。今後の選考会も挑戦者という気持ちを忘れないで、食らい付いていきたい」と話した。2次選考会は来年3月21日、22日に開催。最終選考会は4月11日、12日に行われ、男女各3人の代表が決まる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ