トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[卓球]頂上決戦で思い知らされた王国の力と東京五輪への収穫…伊藤美誠「もっと強くなれるはず」 あと1点から痛恨の5連続失点

2019年11月10日 23時10分

第2試合で敗れた伊藤美誠

写真

 卓球の東京五輪テスト大会を兼ねたW杯団体戦最終日は10日、東京体育館で決勝を行い、女子の日本は中国に0―3で完敗。2大会連続の銀メダルとなった。男子は中国が韓国を3―1で下して8連覇した。

 日本がストレート負けした中、一矢報いることができそうだったのが第2試合。シングルスの伊藤美誠(スターツ)が中国の若きエース孫穎莎との19歳対決で2ゲームを先取。王手をかけたものの、最終ゲームに持ち込まれた。

 10―7と先にマッチポイントを握ったのは伊藤だったが、「最後の最後で相手はしのいでくるばかり。自分が攻め急いだことで、相手が思い切り球を打てるようになってしまった」。自国開催とあり会場の雰囲気も完全に追い風状態だったが、まさかの5連続失点。土壇場から巻き返す中国の底力を見せつけられた。

 伊藤は「この短期間で中国選手と競るところまでいけるようになったので、成長した実感はある。試合中にサーブを打つ位置や、戦術変更など試合中に切り替えていけたら、もっと強くなれるはず。五輪に向けていい経験になりました」と接戦の中でも収穫は見いだしていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ