トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日本女子 韓国に逆転勝ちで2大会連続決勝進出 10日に初V懸け 8連覇中の中国と激突[卓球W杯]

2019年11月9日 21時53分

2勝を挙げ、決勝進出に貢献した伊藤美誠

写真

 ◇9日 卓球W杯団体第4日 女子準決勝 日本3―1韓国

 日本が逆転勝ちで、2大会連続の決勝進出を決めた。日本は第1試合のダブルスを、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)組が1―3で落としたが、第2試合のシングルスで伊藤美誠(スターツ)が3―2と競り勝ち1勝1敗のタイに。第3試合で平野が3―0のストレート勝ちで逆転すると、第4試合で伊藤が3―1で2勝目を挙げ、粘る韓国を振り切った。

 10日の決勝では、9連覇を狙う中国と対戦する。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ