トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[卓球W杯]男子に続き…女子もメダル確定!「かすみう」逆転勝利で波に乗り ルーマニアに完勝

2019年11月8日 22時31分

女子準々決勝の3戦目でルーマニア選手を破り、準決勝進出を決めガッツポーズする石川佳純

写真

◇8日 卓球W杯団体戦第3日 女子準々決勝 日本3―0ルーマニア(東京体育館)

 卓球のW杯団体戦第3日は8日、東京体育館で男女の準々決勝を行い、日本女子はルーマニアに3―0で勝利し、準決勝進出。3位決定戦は行わないため、7大会連続のメダルが確定した。

 第1試合のダブルスでは、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)組の“かすみう”が、ヨーロッパ選手権の女子団体2連覇のルーマニアペアを撃破。第1ゲームを取られたが、素早く戦術変更し息の合った連係プレーを見せた。「作戦を2人で話し合って出せたのが進歩です」と石川。

 馬場美香監督は「まだ完成度は40〜50%」と厳しい評価だが、石川は「伸びしろはあるし自信もついてきた。60%くらいあってもいい」。平野も「日に日に良くなってます」と実感を込めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ