トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[陸上]全日本駅伝は東海大が16年ぶり2度目の優勝、2位は青学大、出雲制した国学院大は7位

2019年11月3日 14時51分

1位でゴールする東海大のアンカー・名取燎太

写真

◇3日 全日本大学駅伝(熱田神宮ー伊勢神宮)

 8区間106・8キロに27チーム(オープン参加2を含む)が出場して争われ、今年1月の箱根駅伝を制した東海大が5時間13分14秒で16年ぶり2度目の優勝を決めた。2位には昨年優勝の青学大。3位には駒大、10月の出雲駅伝を制した国学院大は7位だった。

 東海大は5区でトップに立つと、終盤は青学大との競り合いを制してゴールテープを切った。両角監督は「昨年、一昨年と2位が続いて悔しい思いをしてきた。今年こそはという思いで、4年生、次の世代の3年生もよく頑張ってくれた」と喜んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ