トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[フェンシング]19歳辻すみれが初制覇で30万円ゲット「考えて攻撃できた」も賞金の使い道は「考えてなくて」

2019年11月2日 17時57分

女子フルーレで初優勝した辻

写真

 フェンシングの全日本選手権個人戦第4日は2日、渋谷公会堂で女子の決勝が行われ、フルーレは辻すみれ(19)=朝日大=が初優勝。サーブルは前回女王の江村美咲(20)=中大=が連覇を果たした。

 準決勝で3連覇を狙った東晟良(日体大)を破り、勢いに乗った辻は「今回はやるしかないと思っていた。いつもは考えないが、頭が冷静で考えて攻撃できた」とはにかんだ。江村は「たくさんの観客に見られて緊張したが、来年の五輪を意識した中で勝ててよかった」と喜んだ。優勝賞金の30万円が贈呈されたが使い道について「何も考えてなくて」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ