トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[フェンシング]エペ世界1位の見延和靖「フィッシングと間違えられなくなった」 あすからの全日本へ意気込み

2019年11月1日 12時10分

全日本選手権の前日会見に出席した男子エペの見延和靖

写真

 全日本フェンシング選手権を翌日に控えた1日、渋谷公会堂で出場選手が記者会見した。男子エペで現在世界ランキング1位の見延和靖(32)=ネクサス=は「フェンシングが注目されるようになってきて、フィッシングと間違えられないようになった」と笑いを誘い「地元の福井でもパブリックビューイングをすると聞いた。五輪と直接は関係ないが、出るからには勝ちたい」と意気込んだ。

 北京五輪男子フルーレ銀メダリスト、太田雄貴会長の就任以来さまざまな大会改革がされてきた。今回も試合のリプレーで剣先の動きを光で表現してわかりやすくなど、新しい試みを取り入れる。昨年の東京グローブ座から、リニューアルオープンした渋谷公会堂に舞台を移し、エンターテインメント要素のつまった大会になる予定だ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ