トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[大学サッカー]桐蔭横浜大が初のインカレ エース・イサカ全得点に絡む

2019年10月27日 紙面から

桐蔭横浜大−東洋大 後半26分、PKを決める桐蔭横浜大のイサカ・ゼイン=ShonanBMWスタジアム平塚で

写真

◇関東大学サッカー 桐蔭横浜大3−2東洋大

 第93回関東大学サッカー1部リーグ(東京中日スポーツ後援)は26日、各地で第18節の6試合を行い、2位の桐蔭横浜大は3−2で東洋大に競り勝った。2−2で迎えた後半42分に決勝ゴールをマークした。この白星によって6位以内に入ることが決まり、全日本大学選手権(インカレ)初出場を果たした。首位独走中の明大は3−1で法大に逆転勝ち。今節にも優勝を決める可能性があったが、桐蔭横浜大も勝利を収めたことで、V決定は次節以降に持ち越しとなった。次節は11月2日と3日に開催される。

 川崎への来季加入が内定している桐蔭横浜大のエースがチームをインカレ初出場へと導いた。MFイサカ・ゼイン(4年・桐光学園)が3ゴールすべてに絡む活躍。PKで今リーグ10点目を挙げたほか、2アシストも記録した。

 殊勲の背番号8は試合後、「インカレ出場から(インカレで大学)日本一になることへと目標が(はっきりと)変わりました」と意気込んだ。アシスト数は5となり、ランキングで2位タイに浮上。「チャンスなので、狙っていきます」とリーグ戦の個人タイトル獲得にも意欲を見せた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ