トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[陸上]山梨学院大「箱根」連続出場が33年でストップ 17位で予選落ち

2019年10月26日 14時14分

予選会の結果を報告する山梨学院大の首藤主将(左)と選手ら

写真

 来年1月の東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)の予選会が26日、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までの21・0975キロで行われ、本大会33年連続出場の山梨学院大は17位で予選落ちした。

 首藤貴樹主将(4年)は「頭が真っ白で何を言えばいいかわからない。今でもスタートからやり直したい気持ち」と目を真っ赤にし、飯島理彰駅伝監督(48)は「すごく責任を感じている。14人、故障なく練習が積めていて、正直楽しみにしていた。気持ちの整理ができない」と肩を落とした。1986年に初めて予選会を突破し、本大会では3度優勝の伝統校の記録が途切れた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ