トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[陸上]五輪競歩コースに「お願い」 ダブル「金」鈴木と山西

2019年10月8日 12時11分

男子競歩20キロ競歩金メダルの山西(左)と同50キロ金メダルの鈴木

写真

 陸上の世界選手権男子20キロ競歩で金メダルを獲得した山西利和(23)=愛知製鋼=と男子50キロ競歩金メダルの鈴木雄介(31)=富士通=らが8日、都内で会見した。

 東京五輪代表に決まった金メダリストが、本番のコースについて改めてお願いをした。50キロ競歩の競技時間はマラソンを超える4時間以上。鈴木は現在の体の状況について「エネルギーを欲していて食べても太らない。帰国後にチームメートの荒井と『何を食べてもカロリーゼロ状態』と笑い話をした」と話し、「東京五輪は今回ほどの過酷さではないと思うが、可能であれば日光を防げるコースを確保してほしい」とリクエストした。

 山西は「大きな看板を立てればいいのでは。ビルで囲んでしまえればいいけど…。東西ではなく、南北のコースにできれば、20キロのレース中は日差しを遮れると思う」と頭脳派らしいアイデアを出した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ