トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[陸上]男子400Mリレー、日本「銅」で東京五輪キップ  世界陸上でアジア新記録

2019年10月6日 11時38分

男子400メートルリレーで3位となり、日の丸を背にジャンプして喜ぶ(左から)多田、白石、桐生、サニブラウン(榎戸直紀撮影)

写真

 【ドーハ(カタール)川村庸介】陸上の世界選手権第9日は5日、当地で行われ、男子400メートルリレー決勝に多田修平(23)=住友電工=、白石黄良々(23)=セレスポ=、桐生祥秀(23)=日本生命=、サニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=のオーダーで臨んだ日本は37秒43のアジア新記録で2大会連続の銅メダルとなり、上位8カ国・地域に与えられる来年の東京五輪出場権も獲得した。優勝は37秒10の米国で、英国が37秒36で2位だった。

 これぞリレー侍、これぞ日本のバトンパスで世界の3位をつかみ取った。従来の日本記録を0秒17更新するアジア新。「もうちょっといい色のメダルが欲しかった。でもアジア記録なので、来年に向けていい流れは作れたと思う」と今大会が初の日本代表リレーとなったサニブラウンは、率直な思いを明かした。

 出せる力は出し、バトンにミスもなし。予選を走った小池に代わって1走を任された多田が「僕がキーマンだと思っていた」と各国の1走で最速の反応タイムで飛び出すと、2走の白石も抜てきに応え、3走の桐生はバトンを受け取ると本能のままに突っ走る。「軽く出るのはやめてくれ。思い切り出ても絶対に渡すから」とサニブラウンに伝えた通りに勢いそのままにバトンを託した。

 サニブラウンは「バトンは日本が一番うまいと思っている。走力でもう1、2段階上げていかないと金メダルは全然見えてこない」と個々の走力を高め、東京五輪で頂点を目指す。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ