トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「不正アクセスやサイバー攻撃ではない」システムの完全確認 競輪5日から再開 笹部会長が説明

2019年10月4日 23時0分

3日の豊橋競輪中止を知らせる看板=豊橋競輪場東門で

写真

 競輪情報システム障害により3日から2日間にわたって開催が中止されていた競輪はシステム上の安全が確認されたため5日から再開することを4日、JKAと全国競輪施行者協議会が発表した。

 開催が決まったのはG3千葉開設記念in松戸、宇都宮F2、大宮F2、青森F2(ミッドナイト)の各初日。宇都宮、大宮、青森は当初の日程通りの開催となる。

 一方で本来は4日が初日で中止、順延扱いとなっていた函館F1、富山F2、玉野F2、武雄F2はシステム障害の影響を除去できないため中止、打ち切りとなった。千葉記念in松戸についてはグレードレースのため優先的に改善された。6日以降の開催は日程通り行う。

 ▽笹部俊雄公益財団法人JKA会長「このたびのシステム障害により、3日および4日の競輪開催を中止する事態となりましたことを、お客さまならびに関係者の皆さまに深くおわび申し上げます。今回の障害は競輪情報システムにおいて不整合なデータが入力されたことに伴うシステム障害により開催中止・順延・打ち切りが発生することになりました。調査の結果、当該システムそのものに問題はないことが判明しましたので、安全性が確認されたものから順次開催することになりました。なお、今回の事象は外部からの不正アクセスやサイバー攻撃といった事案によるものではなく、情報流出も生じておりません。今後このような事態が発生することがないよう、業界をあげて再発防止と信頼回復に努める所存でこざいます」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ