トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「なぜ、競輪だけ」首をかしげる選手も…前代未聞の全レース中止に現場も大混乱「原因が特定できないのでは…」

2019年10月3日 23時41分

豊橋競輪中止を知らせる看板

写真

 3日、重大なシステム障害により中止・打ち切りが決まった豊橋競輪。3日の午後の時点で取材に応じた地元の主役・金子貴志は「一日、無駄になってしまったけどしょうがないですね。ゆっくり休んで体調を整え頑張りたい」と話したが、結果的には開催自体が消えてしまった。「なぜ、競輪だけシステム障害が多いんでしょうね?」と首をかしげた。

 施行者や関係者も、システム障害に振り回された。柘植靖仁・豊橋競輪場長は「JKAと連絡が取れたのは15時過ぎ。何とか開催したいけど、原因が特定できないのでは…」と話した。なかなか復旧のめどがたたず、時間だけが過ぎていった。

 番組関係者は17時、いったんはシステム復旧を確認したが、3レース分を打ち込んだところでまたも画面が動かなくなる。その後の復旧の見込みも不透明となった。最終的には19時からの関係者による会議で、20時に豊橋競輪の中止・打ち切りが決定された。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ