トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[体操]ニッポンの“宇宙兄弟” 兄・谷川航「ロケット」&弟・翔「新エース」

2019年9月23日 紙面から

写真

 体操の世界選手権(10月4日開幕、ドイツ・シュツットガルト)の男女日本代表が一堂に会したイベントが22日、東京都内で開かれた。男子個人総合で全日本選手権とNHK杯の2冠を達成した谷川翔(かける、20)=順大、写真(上)=は「(自身が)体操ニッポンの新エース」と堂々と宣言した。

 イベントでは、各選手に「私は体操ニッポンの○○です」というお題が与えられ、谷川翔は「私は体操ニッポンのエースです」と返答。昨年の全日本選手権で内村を抑えて初優勝を飾るなど、飛躍した20歳は「内村さんの代わりは荷が重いが、僕が今年は新エースとして(チームを)引っ張って行きたい。俺しかいないだろうという感じでやる」と鼻息も荒い。

 一方、兄・航(わたる、23)=セントラルスポーツ、写真(下)=は「私は…ロケットです! ロケットのような爆発力で体操ニッポンを金メダルという星に着地させたい」と、恥ずかしそうに抱負を口にした。兄のロケット発言を受け、弟は「一緒に乗って行きたい」。内村、白井が不在の中、“宇宙兄弟”が世界一を目指す。 (辛仁夏)

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ