トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[モータースポーツ]ベッテルが今季初優勝、フェラーリ11年ぶり3連勝 フェルスタッペンは3位

2019年9月22日 23時39分

今季初勝利を果たしたフェラーリのセバスチャン・ベッテル(AP)

写真

 【シンガポール=柴田久仁夫、ルイス・バスコンセロス】F1第15戦シンガポールGPは22日、当地のマリーナベイサーキットで決勝が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテル(32)=ドイツ=が今季初優勝を果たした。通算53勝目。同チームの3連勝は2008年以来、11年ぶり。ベッテルは昨季のベルギーGP以来の勝利で「開幕から厳しい戦いが続いていた。ようやくカムバックできたよ」と胸をなで下ろした。

 ポール発進の同僚シャルル・ルクレール(21)=モナコ=は2位で3連勝はならなかったが、17年のハンガリーGP以来となるチームのワンツーフィニッシュに貢献した。

 3位にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(21)=オランダ=が入り、3戦ぶりの表彰台。シリーズランキングでトップを独走するメルセデスのルイス・ハミルトン(34)=英国=は4位だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ