トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[レスリング]猫レスラー文田健一郎、ご褒美「ギリシャの猫島」旅行のため 東京五輪金を誓う

2019年9月21日 0時30分

金メダルとベルトを手に帰国した男子グレコローマンスタイル60キロ級の文田健一郎(右)と63キロ級の太田忍=羽田空港で(広瀬美咲撮影)

写真

 レスリング世界選手権男子グレコローマンスタイル60キロ級を制し、東京五輪代表に内定した文田健一郎(23)=ミキハウス=らが20日、羽田空港に帰国した。文田は「優勝したら10日ぐらい休もうと思ったが、2、3日体を休めて五輪の準備したい。どんな選手にもかかる投げ技を完成させ、金メダルをとりたい」と気持ちを引き締めた。

 猫好きレスラーとしても知られる文田は、ご褒美の旅行を東京五輪後へ持ち越すと決めた。行きたい旅先はギリシャのサントリーニ島。「景色もきれいで、猫も多くて最高。海外は試合以外で行ったことがないので、レスリングシューズを置いて行ってみたい」。1年後、五輪の金メダルを手にし、ギリシャの猫に会いに行くと誓った。(広瀬美咲)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ