トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[陸上]MGC2位の服部「次はおまえだ!」 5000メートルで五輪狙う弟・弾馬にゲキ

2019年9月17日 紙面から

MGCから一夜明け、記者会見で質問に答える服部勇馬=東京都内のホテルで(朝倉豊撮影)

写真

 冷静な目は激しいレースが終わっても変わっていなかった。MGCで2位に入って、東京五輪出場を内定させた服部勇馬(25)=トヨタ自動車。なお達成感に浸りつつも、一夜明け会見ではアスリートとしての率直な気持ちも口にした。

 「内定したんだという気持ちはあるが、今は2位が悔しいという気持ちの方が上回りつつあります」。そんな服部がレース後に連絡した人間がいる。18年の日本選手権5000メートルで優勝し、東京五輪出場を狙う1学年下の弟・弾馬(はずま、24)=トーエネック=だ。

 レース前日には弾馬から「最初に五輪を決めてこい」という激励のLINEが届き、快走のモチベーションになったという。お礼の意味も込めて「次はおまえだ!」と連絡を入れた服部が願うのは兄弟での五輪出場。「東京の舞台に一緒に立てたらいいなと思います」と弟が続いてくれることに期待した。

 夢が実現した時には兄の威厳を見せる決意。メダル獲得への準備は入念に進める。「ケニアやエチオピアの選手は途中の坂とか関係なく行くと思う。(課題は)相手の振り幅に対抗できるかどうか。一日一日を大切にやっていきたい」。強い思いが言葉の中ににじんだ。 (川越亮太)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ