トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[競泳]平泳ぎ前世界記録保持者の渡辺一平、五輪へ"虎の穴"JISSに練習拠点「よりきつい場所に」

2019年9月12日 23時33分

練習を公開した渡辺一平

写真

 競泳男子200メートル平泳ぎの前世界記録保持者、渡辺一平(22)=トヨタ自動車=が12日、練習拠点を国立スポーツ科学センター(JISS)に移す考えを明らかにした。選ばれし精鋭のみが使える虎の穴で、東京五輪金メダルに向けて鍛錬する。

 この日母校の早大所沢キャンパス(埼玉県所沢市)で練習を公開した渡辺は「JISSで練習すれば、東京五輪で活躍したいという考えを持っている仲間と一緒に練習できる。自分をよりきつい場所に置く」と表明。これまでは早大で学生に交ざって練習していたが、少人数で高い意識の選手に囲まれることでさらなる飛躍を期する。

 指導する奥野景介コーチ(53)も「五輪に向けて悔いなくやりたいと相談があった」と経緯を説明。早大の1学年先輩でリオデジャネイロ五輪男子200メートルバタフライ銀メダルの坂井聖人(24)=セイコー=とともにトレーニングを積む。「東京五輪で一番高い表彰台に乗って、一番いい色のメダルを取りたい」と渡辺。正真正銘の五輪モードで勝負のシーズンに突入する。(川村庸介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ