トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[陸上]桐生祥秀、世界陸上も新相棒「ピンなし」で臨む 欧州遠征から帰国

2019年9月3日 17時34分

欧州遠征を振り返る桐生=成田空港で(川村庸介撮影)

写真

陸上男子短距離の桐生祥秀(23)=日本生命=が3日、欧州遠征から成田空港に帰国し、代表入りが確実な世界選手権(27日開幕・ドーハ)でも“新・相棒”ピンなしスパイクを履く考えを明かした。

10秒08で4位だったマドリードの競技会の準決勝と決勝、10秒11で5位だったベルリンの競技会の計3本をいずれもピンなしで走った桐生は「ちょっと違うなというのはあったが、普通にいけたので、そのままいこうと思う」と世界選手権でも変えずに臨む意向を示した。

ピンなしは接地面を増やすことで推進力を得るだけではなく、ピンがないことで軽量化も実現している。桐生は10秒05だった8月の「ナイトゲームズ・イン福井」から実戦で履き続けているが「脚が前で回せているか確認できる。脚への負担も少なくなった」とメリットも説明した。

今後は山梨県で行われている日本代表の合宿に合流し、世界選手権へ仕上げる。「このまま(体の)切れを増していけばいけると思う。世界選手権では予選を通って準決勝で勝負したい」とファイナリストを目指す。(川村庸介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ