トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[テニス]錦織、ショットの良い悪いに差 辻野隆三チェック

2019年9月1日 紙面から

写真

 デミノーが予想以上に打ってきた。強く、深く打ってきた。錦織は対戦相手をストロークで先に左右に振って追い込んでいくのが必勝パターン。デミノーが錦織に「先に振られないようにする」ための作戦だった。

 加えて、デミノーの守備が粘り強く、相手のフットワークの良さを奪う展開ができなかった。できれば速く深いボールだけでなく、ゆっくりでもスピンをかけクロスコートへ浅く角度のあるボールを交ぜてデミノーの運動量を増やし、動きを苦しくさせたかった。

 アンフォーストエラーは錦織が60本とデミノーの29本の倍。フォアも良いショットと悪いショットの差がありすぎた。錦織はサーブもフォームが小さくなっていてファーストサーブの最高186キロ、平均166キロとスピードが出ていなかった。本人は言いたくなかったのだろうが、肘や腕の調子があまり良くなかったのではないか。

 錦織自身、今夏はうまくいかない試合が続いたと感じているかもしれないが、秋のシーズンに向け体調を整え、年末のATPファイナルズ出場を目指してほしい。 (元デビスカップ日本代表)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ