トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[柔道]V候補まさか…新井千鶴が3回戦敗退 3連覇ならず

2019年8月30日 紙面から

写真

◇世界選手権 女子70キロ級

 3連覇を目指した優勝候補大本命の新井が3回戦で消えた。無名で世界ランク29位のティモに金星を献上した新井は「やってきたことを出せなかった自分に『何をやってるんだ』という感じ」と涙を流し=写真(潟沼義樹撮影)、女子の増地克之監督も「新井が金メダルに一番近い選手だと思っていた。まさか落とし穴があるとは」とショックを隠せなかった。

 初出場の2015年は5位。日本女子で一人だけメダルを逃し、翌年のリオデジャネイロ五輪代表からも漏れた。新井は「誰もが(重圧を)抱えている。そこを乗り越えたいと思ってやってきたのに」とうつむいたが、今は敗戦を良薬とするしかない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ