トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[バスケットボール]八村の舞い! NBAデビューで圧巻ダンクだ14得点

2019年7月8日 紙面から

ペリカンズ戦でダンクシュートを決めるウィザーズの八村=ラスベガスで(AP・共同)

写真

◇サマーリーグ ウィザーズ84−79ペリカンズ

 【ラスベガス(米ネバダ州)小林信行】日本人初のドラフト1巡目新人、ウィザーズの八村塁(21)がペリカンズとの初戦に先発出場し、約33分半で14得点、5リバウンドの鮮烈デビューを飾った。力強いプレーで観客を沸かせ、84−79の勝利に貢献した。ペリカンズの一員として途中出場したBリーグ・栃木の比江島慎(28)と同時にコートに立つ場面もあった。グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太(24)はペーサーズ戦に先発出場し、Bリーグ・A東京の馬場雄大(23)はマーベリックスの一員としてロケッツ戦に途中出場した。

 ドラフト1巡目の片りんを見せつけた。出場時間は両軍最長の33分36秒。「5対5はしばらくやってなくて、こういうふうにコートに戻ることができて、すごい今日はやってて楽しかったです」。八村の顔からこぼれる笑みがすべてを物語った。

 黒を基調に蛍光色のピンクとイエローのアクセント。右足と左足の色が異なる奇抜なデザインのシューズが人目を引いた。試合前の練習中にコートサイドのファンに話し掛け、テレビ局の取材にも気軽に応じた。デビュー戦とは思えないほどリラックスしていた。

 学生最後の試合となった3月30日、NCAAトーナメント準々決勝以来の実戦。開始1分6秒、ゴール下でパスを受け、「プロ初得点」をマークしたが、その後は6本連続外した。「前半は感覚を戻すという感じだった」。4カ月のブランクは否めなかった。

 不安定な攻撃を守備でカバーした。第2クオーター3分と5分、立て続けにブロックショットさく裂。「ディフェンスはすごく好き。プライドを持ってる部分はある。いいところを見せれてよかった」。バランスを崩して床に体を打ちつける魂のプレーに客席が沸いた。

 自分で「ハイライト」に選んだのは第3クオーター残り4分20秒のプレーだ。ゴール下に走り込み、Gフィリップに要求したパスに宙を舞った。着地せず、そのままシュートする豪快なアリウープダンクで会場をどよめかせた。

 感慨に浸った時間もあった。ペリカンズの比江島と第2クオーターで競演した。一緒に日の丸を背負い、W杯予選を戦った同志。

 「今まで日本人がNBAでこういうふうにコートに立つことはなかった。大きな瞬間だった」。

 18分間で2得点だった前半から一転、後半は16分間で12得点を稼ぎ、「ミスも多かったんですけど、決めるところは決められたんでよかった」と八村。サマーリーグのチームを指揮するパックコーチも「ハードにプレーしていたし、しっかり試合を組み立てていた。とてもよかった」と称賛の言葉を贈った。

 グリズリーズの渡辺の活躍には「僕ももっと頑張ろうと思えるのがいいですね」と八村。次戦は8日のネッツ戦。背番号「8」がさらにギアを上げる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ