トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[バスケットボール]日本人初1巡目確実 八村「不思議な感じ」 NBAドラフト

2019年6月21日 紙面から

NBAのドラフト会議を翌日に控え、記者会見する米ゴンザガ大の八村塁=ニューヨークで(共同)

写真

 【ニューヨーク小林信行】20日午後7時(日本時間21日午前8時)から行われる米プロバスケットボール、NBAのドラフト会議で日本人初の1巡目指名が確実視される八村塁(21)=ゴンザガ大=が19日、当地のホテルで記者会見。歴史的瞬間に思いをはせる一方で早くもプレーオフ進出を目標に掲げるなど、すでに心はNBAの一員だった。

 落ち着いていた。全体1位指名が確実なウィリアムソン(デューク大)ら有望な20人として記者会見に臨んだ八村。約50人の日米報道陣を前に「こんにちは」とあいさつした後、「やっと、ではないですけど、なんか不思議な感じで、気持ち的に何とも言えない感じ」と運命の日を待つ複雑な心境を吐露した。

 過去にNBAで日本人選手は2004年にサンズでプレーした田臥勇太(栃木)と18〜19年シーズンにグリズリーズでデビューした渡辺の2人だけ。ドラフトでは1981年に岡山恭崇が8巡目171番目に指名(プレーせず)されているが、1巡目指名で世界最高峰の舞台に立つのは八村が初だ。

 「大きいことだと思うので、楽しんでモーメント(瞬間)をしっかり味わっておきたい」

 歴史的瞬間に思いをはせる一方で「ただの会議なので、ただ(名前を)呼ばれて、(NBAコミッショナーと)握手するというただのミーティング」と淡々。当日は1巡目指名の可能性が高い選手だけが招待されるグリーンルームで待機するが、「メディア的にはいいんじゃないですか。僕的にはNBAに入ってからどうやるかを大事にしている」と言った。

 主要な米メディアは八村の指名順位を11位ティンバーウルブズから19位スパーズの間を予想している。「すぐに対応できるような選手になりたい。チームに貢献してプレーオフに行きたい」。心はすでにNBAの一員だ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ