トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[大学野球]明大、森下で38年ぶりV 涙の敗戦から始まった 1失点完投締め

2019年6月18日 紙面から

仏教大を破って38年ぶり6度目の優勝を果たし、喜ぶ森下(左から3番目)ら明大ナイン=神宮球場で

写真

◇全日本大学野球選手権 明大6−1仏教大

 第68回全日本大学野球選手権は17日、神宮球場で決勝を行い、明大(東京六大学)が6−1で仏教大(京滋)を破って、平田勝男さん(阪神2軍監督)らがいた1981年以来38年ぶり6度目の日本一を決めた。今秋ドラフト1位候補のエースで主将の森下暢仁投手(4年・大分商)が2連続完投勝ちで最高殊勲選手賞(MVP)に輝いた。

 首位打者は北本一樹内野手(4年・二松学舎大付)が獲得。3点差逆転3試合と快進撃してきた仏教大は初優勝に届かなかった。木下隆也投手(2年・奈良大付)が敢闘賞を受賞した。

 明大の歓喜の輪の中でだれよりも高く跳んだエース森下が、女房役の西野に抱きついた。東洋大戦の完封に続いて1失点完投勝ち。令和の初代王者となり「きょう勝てば、明治大学野球部が幸せになれると思って投げた。38年も勝てていなくて自分たちで日本一になれて良かった」と神宮に声を響かせた。

 序盤はカットボールを軸に打たせてとり、中盤からの勝負どころでは150キロ台の直球も使い、逆転の仏教大をねじ伏せた。リードが6点となった9回に失点したが、最後は直球で空振り三振に仕留めた。プロスカウトの評価は、ドラフト1位で競合確実。試合後の会見では、秋の目標を聞かれ、善波達也監督(56)から「ドラフトとか言っちゃえばいいじゃない」と言われて「高校生には負けないようにしたい」と答え、競合確実の163キロ右腕、大船渡の佐々木朗希を意識してみせて笑わせた。

 38年ぶり日本一は、エースの涙から始まった。春季リーグ戦の開幕・立大戦。チームが完封負けした後の神宮ロッカールームで、先発して6イニング4失点の森下は「あした勝って、3戦目にオレが投げるチャンスをくれ」と泣きながら頭を下げた。一瞬の静寂を、横浜高で主将だった公家が「よし、やろうぜ」と声を出して破るとチーム全員が呼応。ここから引き分けを挟んで10連勝でリーグ制覇、今季14連勝で春の頂点に立った。

 川上(元中日)、野村(広島)、柳(中日)…ら平成の歴代エースがだれも果たせなかった春の日本一。善波監督は「森下は頼もしくなった。4年生全体も成長し(過去のチームに比べても)いいまとまり方」とうなずいた。初の春秋連続日本一がかかる秋に向けて森下は「ここが終わりじゃない。(チームも自分も)まだまだ成長できると思っている」と目を輝かせた。

  (小原栄二)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ