トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[大学野球]明大V王手 伊勢、7イニング無失点救援 38年ぶり決勝へ

2019年6月17日 紙面から

東農大北海道オホーツク戦の1−1の3回から登板し好救援した明大・伊勢=神宮で

写真

◇全日本大学野球選手権 明大5−1東農大北海道オホーツク

 第68回全日本大学野球選手権は16日、神宮球場で準決勝を行い、明大(東京六大学)は、プロ注目の伊勢大夢投手(4年・九州学院)が救援で7イニングを無失点で東農大北海道オホーツク(北海道)に快勝、優勝した1981年以来38年ぶりとなる決勝進出を決めた。仏教大(京滋)は、東海大(首都)に打ち勝って、20度目の出場で初の決勝に進んだ。

 エースナンバーの11にふさわしい投球だった。明大の伊勢が3回からリリーフし、1安打1四球で投げ切った。「きのうブルペンで調子が良かったので先発だったらなあと思っていた。準備はできていました」。自己最速を1キロ更新の151キロもマーク、好調の手応えを裏付けた。

 先発して6イニング2失点だった福井工大戦の反省も踏まえて、雨天中止だった前日もフォームを微修正。足を上げてからのワンクッションを意識し、今季最高の投球に結びつけた。制球のいい直球はいい感じにシュート回転し、8回に喜多の2ランなどで4点をリードするまで無安打で流れを渡さなかった。

 昨春リーグ戦で3勝。プロ注目ながら今季はすべてリリーフの登板5試合で最長4イニングだったが、潜在能力が目覚めた。森下が主将の背番号10を背負い、回って来ただけの11番ではないという意地も見せた。「自分以外のピッチャーがいるので気合を入れなくていいかなと心のどこかで思っていたが、この大会の(初戦で)先発を任され、期待にこたえようという思いになった」

 善波達也監督(56)が1年だった38年前に大学選手権を制した先輩からのさし入れのメロンを前日、全員で食べた。「縁起のいい方たちからなので…。メロンパワーです」と善波監督。タイブレークになったら登板させようとしていた森下を温存しての決勝進出。今季は、御大こと故島岡吉郎元監督の干支にちなんだイノシシワッペンを30年ぶりに復活させ突き進んで、ついに日本一へ王手。「優勝するチャンスが来た。あしたはマサト(森下)にみんなの思いを乗せたボールを投げてもらいたい」。強打の仏教大を抑えて6度目の日本一をつかみ取る準備は整った。 (小原栄二)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ