トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[レスリング]久々の国際舞台へ緊張の出発 伊調「10の宿題」

2019年4月23日 紙面から

国際大会復帰戦となるアジア選手権へ意気込む伊調=羽田空港で(木村尚公撮影)

写真

 レスリングのアジア選手権(23日開幕・中国)に出場する女子日本代表が22日、羽田空港から出発した。五輪4連覇を果たした2016年リオデジャネイロ五輪以来の国際大会となる57キロ級の伊調馨(34)=ALSOK=は、10個もの「宿題」のクリアをテーマに掲げた。

 「わくわくした感情もあるし、不安もある」。出国ゲートを前に、伊調は心中をこう表現した。ブランクを経ての国際舞台復帰戦。百戦錬磨のレスラーにも、やや緊張感が漂った。

 今回、指導を受ける日体大の田南部力コーチ(44)は同行しない。代わりに「宿題」を課されていた。本番までの減量やコンディションの合わせ方、試合の進め方−。「10個もあるんです。覚えられない」と伊調は笑った。

 6月には東京五輪の代表選考に関わる全日本選抜選手権が控えている。同じ階級のライバル・川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)には昨年12月の全日本選手権決勝で勝っているとはいえ、代表争いはこれからが佳境だ。

 「外国人との試合は久々。試したいこともあるし、試合で何を感じるか。確認することに意味がある」。伊調が求めるのは優勝という目先の結果だけではない。ハードルを一つ一つ越えていくことが、5度目の五輪へとつながっていく。 (木村尚公)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ