トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[飛び込み]38歳寺内&坂井がV! 6度目五輪へ弾みの世界選手権代表入り濃厚

2019年4月20日 紙面から

日本室内選手権の男子シンクロ板飛び込みで優勝した寺内(右)、坂井組=東京辰巳国際水泳場で(沢田将人撮影)

写真

 飛び込みの世界選手権(7月、韓国・光州)代表選考会を兼ねた日本室内選手権は19日、東京辰巳国際水泳場で第1日を行い、5度の五輪出場を誇る寺内健(38)は坂井丞(26)=ともにミキハウス=と組んだ男子シンクロ板飛び込みで407・10点で優勝、日本水連の派遣選考基準B(389点)を突破し代表入りが濃厚となった。

 飛び込み、そして日本スポーツ界が誇るレジェンドが6度目の五輪へ一歩前進した。寺内は「400点超えは自信になる。2人にとっても価値のある試合だった」と2人の演技を振り返った。

 世界選手権で8位以内に入れば東京五輪代表に内定する。他の競技次第では個人での内定第1号となる可能性もある。相棒の坂井が「第1号を決めたいと思っている」と言えば寺内も「8位以内を目指す飛び込みをしても仕方ない。全力でできるパフォーマンスをやる」と東京五輪を見据えた。 (川村庸介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ