トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

東京五輪チケットは1人最大30枚 5月9日受付開始

2019年4月19日 紙面から

2020年東京五輪のチケット販売サイト開設発表イベントで、司会の大橋未歩さん(左)とアテネ五輪の思い出を話す北島康介さん=東京都港区で(戸田泰雅撮影)

写真

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、国内在住者向けの五輪チケットの販売方法について、大型連休明けの5月9日午前10時からインターネット上の公式チケット販売サイトで抽選申し込みの受け付けを開始すると発表した。期間は同28日午後11時59分までで、抽選結果は6月20日に公表する。1人当たり第1希望、第2希望を各30枚まで申し込むことができ、当選枚数は最大30枚となる。

 組織委は18日に詳しい申し込み方法や競技日程を掲載した公式販売サイトをプレオープン。大会の盛り上がりと収入確保の両面でチケット販売に失敗は許されず、順調な運営とトラブル対策に全力を挙げる構えだ。

 今回の抽選対象は開閉会式と実施が凍結されているボクシングを除く32競技で(1)一般チケット(2)車いす使用者向けチケット(3)みんなで応援チケット−の3種類。(3)は12歳以下の子ども、60歳以上のシニア世代、障害者のいずれかを1人以上含む家族やグループで応募する1枚2020円のチケットとなる。全体のチケット総数は招致段階で780万枚としていたが、組織委は抽選販売の割合を公表していない。

 一般チケットの価格は開会式が最高30万円。競技別では陸上決勝の13万円が最高額で、サッカー女子1次リーグなどでの2500円が最低額となる。

 購入にはまずネット上でID登録を済ませ、観戦計画を立てた上で、チケットの種類、席種、枚数を選択して申し込む。受付期間中の内容変更やキャンセルは可能だが、当選したチケットは全て購入しなければならない。抽選結果の通知後、7月2日までに購入手続きを終える必要があり、実際の来場者の氏名は購入手続き時に登録する。

 転売サイトなど非公式ルートで購入したチケットは無効。不正転売禁止法が6月14日に施行されることを受け、メルカリ、ヤフー、楽天の3社は運営するアプリやサイトで大会チケットの出品を禁止すると決めた。チケット購入後、観戦できなくなった場合は、組織委が提供する公式リセールサービスを通じて定価で譲渡することができる。公式サイトでは今秋以降に先着順販売も実施。20年春以降、都内の公式チケット販売所でも購入できるようになる。

 公式販売サイトのアドレスはhttps://ticket.tokyo2020.org

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ