トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[柔道]全勝でアピールだ! 18歳・村尾、東京五輪逆転切符に意欲

2019年4月19日 紙面から

初めての世界選手権へ意欲満々の村尾=横浜市青葉区の桐蔭横浜大で(木村尚公撮影)

写真

 柔道の男子代表は18日、横浜市の桐蔭横浜大で合宿を公開。世界選手権(8月26日開幕・東京)に団体メンバーとして初選出された90キロ級の村尾三四郎(18)=東海大=は、逆転での東京五輪の代表へ意欲をみなぎらせた。

 6日の選抜体重別では準決勝敗退。それでも団体要員として世界への切符をつかんだ事実こそ、村尾への破格の期待感の表れだ。井上康生監督は「村尾はシニアの大きな舞台を経験していない。2020への準備を踏まえて選んだ」。東京五輪を見据えての抜てきと説明した。

 練習では大学生らを相手に得意の内股などに磨きをかけた。村尾は「世界選手権では全部勝ってアピールしたい」。厳しい環境を求めて東海大へ入学したばかり。同じ階級で世界選手権の個人戦代表・向翔一郎(23)=ALSOK=を追い越すため、18歳は貪欲だ。 (木村尚公)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ