トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[陸上]男子50キロ競歩・鈴木が日本新V まさかの世界選手権内定辞退も

2019年4月15日 紙面から

男子50キロ競歩日本記録を更新する3時間39分7秒で優勝した鈴木雄介

写真

◇日本選手権

 陸上の世界選手権(9〜10月・ドーハ)の代表選考会を兼ねた日本選手権50キロ競歩は14日、石川県輪島市の日本陸連公認コースで行われ、男子は20キロで1時間16分36秒の世界記録を持つ鈴木雄介(31)=富士通=が、実質50キロ初挑戦ながら3時間39分7秒の日本新記録で優勝した。鈴木は日本陸連の代表内定条件を満たしたが、従来より遅い世界選手権の開催時期や20キロとの兼ね合いなどで出場については明言を避けた。

 日本新記録誕生の祝福ムードを変えたのは、快挙を成し遂げたばかりの鈴木本人だった。フィニッシュ直後のインタビューで世界選手権について問われると「東京五輪を考え、今村コーチと相談しながらやりたい。世界選手権は特殊なので、回避して東京一本かを考えたい」とまさかの内定辞退も示唆した。

 「本来なら出るべき大会」と自身の考えが異端であることは分かっている。まして、ドーハで日本人最上位のメダリストになれば、その場で東京五輪代表に内定する特権もある。

 だが、世界選手権は現地時間の午後11時30分スタート。「夜中に50キロをずっと歩くことは人間のリズムにそぐわない。ダメージも相当残る」と危惧する。さらに「自分は20キロのスペシャリストとしての自負や、競歩は20キロという思いがある」と世界記録保持者としてのプライドものぞかせた。

 レース自体は、20キロ世界記録保持者としての本領を存分に発揮した。序盤から中盤は余裕を持って集団で待機し、ばらけると37キロから38キロの1キロを4分4秒というハイペースに上げ、最後まで食らい付いていた新鋭の川野将虎(東洋大)を39キロ付近で振り切った。

 長い距離の練習をしていたとはいえ、今大会の挑戦を決めたのは20キロの代表を逃した3月の全日本能美大会翌日。わずか1カ月での好結果に「自分の中に50キロの才能があると分かったが、20キロも好き」と葛藤を隠さない。ただ一つ決まっていることはある。「目標は東京五輪の金メダル。それは20キロでも50キロでも構わない」。決断のリミットだという5月中旬まで、最適の解答を探し続ける。 (川村庸介)

日本新記録を表示する計時器の横で笑顔を見せた=石川県輪島市で(いずれも榎戸直紀撮影)

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ