トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[高校野球]センバツVの東邦が地元凱旋 主将でエース&主軸の石川は「令和最初のV目指す」

2019年4月5日 紙面から

生徒らに拍手で迎えられる(左から)森田監督、主将の石川ら東邦高ナイン=名古屋市名東区で(高岡辰伍撮影)

写真

 第91回センバツ高校野球大会で30年ぶり5度目の優勝を果たした東邦(愛知)が4日、名古屋市名東区の同校へ凱旋(がいせん)した。3日の決勝・習志野(千葉)戦で2本塁打を放ち、投げては3安打完封するなど優勝に大きく貢献した石川昂弥投手兼内野手(3年)は「令和」最初の全国大会となる夏の甲子園制覇に意欲。史上8校目(9度目)の春夏連覇で東邦時代の幕開けを目指す。

 30年ぶり優勝の余韻は、もうなかった。決勝から一夜明け、プロ注目スラッガーの視線は早くも夏を向いていた。「(東邦が)平成の最初と最後に優勝できた。今度は令和最初の夏に優勝したい。東邦が新しい時代をつくりたい」。次なる目標は、新元号で同校初の夏制覇。石川が真っすぐ前を見て、言い切った。

 習志野との決勝では2本塁打&完封とフル回転。1試合2発と1大会3本塁打の最多記録にも並んだ。「投手として成長できたのかな。全国の投手から本塁打を打てたし、投打両方で自信がついた」。前夜はLINEに230件ものメッセージが届き「すごいことをした」と実感した。だが、感慨に浸ることはない。「夕飯の時も、意外と普通だった。いつも通りだった」。春の優勝は、通過点のようだ。

 今大会は投手として全5試合に先発登板。酷使した肩、肘を休ませるため、今春の公式戦は本職の内野手に専念する方針だ。追われる立場となる今後は研究され、相手投手の攻めも厳しくなることが予想される。「勝負してもらえないこともあると思う。その中でも、結果を残せるような打者になりたい」

 学校では生徒や教職員、関係者ら約300人の出迎えを受けた。移動の際も、新幹線で名古屋駅に到着すると、居合わせた人から拍手が湧き起こった。「予想以上に盛大に迎えてもらえてうれしかった。明日(5日)から、切り替えてやっていきたい」

 5日には大阪へとんぼ返りし、U18高校日本代表1次候補の研修合宿に参加する。春夏連覇に向けた戦いは、すぐに始まる。 (麻生和男)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ