トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[陸上]飯塚翔太、今季初レース アジア選手権へ手応え

2019年3月31日 紙面から

写真

 陸上男子短距離の飯塚翔太(27)=ミズノ=が30日、東京都八王子市の中大多摩キャンパス陸上競技場で行われた記録会に出場した=写真。今季初レースで100メートルを2回走り、10秒41(向かい風0・5メートル)と10秒38(追い風1・3メートル)だった。

 今月初旬までメキシコで高地合宿を行った飯塚は「良いところと悪いところがあった。スタートが遅かったが、体が起きてからの中盤の走り、トップスピードの部分はかなり良かった」と合宿の効果を実感。本職の200メートルへも「後半までスピードを持続できそうな感じがする」と初戦となる4月のアジア選手権へ手応えを口にした。

 今季は200メートルだけではなく、100メートルにも本格的に取り組む予定で、6月の日本選手権(福岡)も2種目で出場の意向。「2種目で世界選手権代表を狙うぐらいの気持ち。今は100メートルのレベルがすごく高いので、純粋に自分もその環境に混ざりたい」と意気込んでいた。 (川村庸介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ