トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[卓球]初代女王は日本生命 18歳・早田ひな激戦制し、うれし涙

2019年3月18日 紙面から

神奈川−日本生命 ビクトリー・マッチで神奈川の袁雪嬌を破り優勝を決め、感極まる日本生命の早田ひな

写真

◇Tリーグ<ファイナル・女子>

 相手選手がネットにボールをひっかけた瞬間、早田はあふれる涙を抑えられなかった。激戦に次ぐ激戦を制して座った初代女王の座。「ここを勝ちきってみんなの笑顔が見たいと思っていたので、ほっとした気持ち。あと、なんか、うれしいです」と、はにかみながら振り返った。

 まずは1−1からの第3マッチ。袁雪嬌との最終第5ゲームを19−17で制し、日本生命は一時2−1とリードした。最後は、2−2と追いつかれて迎えた1ゲーム勝負のビクトリー・マッチ。同じ相手に接戦を強いられるも、6−6からの4連続得点で流れを引き寄せ、11−7で振り切った。

 世界選手権代表こそ逃したものの、このファイナルでは重責を果たし、リーグMVPも受賞した18歳は「どの選手が来ても勝つことを忘れずに、先を見ずに、一本一本集中した結果。リーグに出場することを決めてから初代チャンピオンになりたい気持ちで頑張って、達成できて良かった」と、万感の思いを込めた。 (平野梓)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ