トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[テニス]世界1位・大坂の新コーチは34歳ジャーメーン氏

2019年3月1日 紙面から

大坂なおみ(右から2人目)と新コーチのジャーメーン・ジェンキンスさん(左)(本人のインスタグラムから)

写真

 【ドバイ共同】女子テニスで世界ランキング1位の大坂なおみ(21)=日清食品=の新しいコーチを、米国協会の女子ナショナルコーチのジャーメーン・ジェンキンスさん(34)=米国=が務めることが28日、関係者の話で分かった。ジェンキンスさんはかつて、元世界ランキング1位のビーナス・ウィリアムズ(米国)の練習相手だった。次戦は昨年ツアー初優勝を果たしたBNPパリバ・オープン(3月6日開幕・米カリフォルニア州インディアンウェルズ)の予定。

 大坂の新しいコーチに米国人のジャーメーン・ジェンキンスさんを迎え入れることが分かった。大坂は昨季の全米オープン、今年1月の全豪オープンと四大大会2連勝を支えたサーシャ・バインさんとのコーチ契約解消を2月11日に電撃的に発表。コーチ不在で迎えたドバイ選手権では19日に初戦の2回戦で敗れた。

 初戦敗退から約1週間、迅速に決めた新コーチは選手時代に無名で年齢は30代と、前任者と共通点が多い。

 指導歴でもサーシャ・バインさんは元世界ランキング1位のウィリアムズ姉妹の妹でセリーナの練習相手をかつて務め、ジェンキンスさんは姉ビーナスの元練習相手。保守的な性格の大坂は、急激な変化を望まなかったといえる。

 新コーチの条件について「ポジティブな思考の人。顔色をうかがうのではなく、直接的にものを言ってくれる人がいい」と話していた。世間の注目を浴び、重圧も感じた。テニスでの成功以上に「朝起きて、幸福感を持ってプレーをすること」を大事にしており、性格的な相性を重要視して選んだとみられる。

 ドバイ選手権ではコーチ不在により「これまで人から指示されたことをやってきただけだったので、少し厳しかった」と練習への悪影響が出ていた。2連覇が懸かるBNPパリバ・オープンで早期敗退すれば大きくランキングのポイントを落とす。早急な立て直しが必要だった。

 この点、ジェンキンスさんは米国協会の女子ナショナルコーチに選任されている。戦術面や技術面の強化も期待される。 (共同)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ