トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[バドミントン]S/Jリーグきょう決勝! 男子は桃田率いるNTT東日本が王手

2019年2月17日 紙面から

男子準決勝で勝利しガッツポーズするNTT東日本の桃田賢斗

写真

◇S/Jリーグ・プレーオフ

 バドミントンの国内最高峰の団体戦、S/Jリーグのプレーオフ「TOP4」が16日、埼玉・サイデン化学アリーナで開幕し、17日の決勝は、男子は3連覇を狙うトナミ運輸とNTT東日本、女子は連覇を目指す日本ユニシス、再春館製薬所の顔合わせとなった。

 男子はトナミ運輸が日本ユニシスを、NTT東日本は日立情報通信エンジニアリングをともに2−0で退けた。女子の日本ユニシスは北都銀行を2−1で、再春館製薬所はヨネックスを2−0で破った。

◇準決勝 NTT東日本2−0日立情報通信エンジニアリング

 復帰戦をした思い出の地で快勝した。NTT東日本の第1シングルスで出場した桃田賢斗(24)が、丸尾亮太郎(日立情報通信エンジニアリング)を相手に第1ゲームの10−10から、一気にスピードアップして8連続得点。ストレート勝ちを飾り、「最初は思い切ってプレーできず保守的になったけれど、途中からスピードを上げたプレーや止めるプレーができた」と満足げだった。

 試合会場は、2017年5月に違法賭博による謹慎処分が解けた桃田が、最初に公式戦を戦ったサイデン化学アリーナだった。「すごく懐かしい印象がしたし、感慨深いと思った。バドミントンに対する姿勢や周囲への感謝の気持ち、一球一球に対する気持ちはあれから変わっていない。引き続きこのスタイルを貫いていきたい」。世界ランキング1位の称号を得て、1年半ぶりに戻ってきた場所で決意を込めた。

 決勝の相手は3連覇を狙う強敵・トナミ運輸。年明け初の国際大会だったマレーシア・マスターズで負けた西本拳太とぶつかる可能性が高い。「海外でいい成績を残しているし、簡単には勝てない相手。負けたリベンジというか、しっかり勝たないと。気持ちで負けないようにしたい」と同じ年のライバルに闘志を燃やした。 (平野梓)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ