トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[バドミントン]女子はタカマツの日本ユニシスがV2にM1!

2019年2月17日 紙面から

女子準決勝で北都銀行に勝利した日本ユニシスの高橋礼(右)、松友組

写真

◇S/Jリーグ・プレーオフ<準決勝> 日本ユニシス2−1北都銀行

 日本ユニシスはリオデジャネイロ五輪金メダリストの高橋礼華(28)・松友美佐紀(27)組が第1ダブルスで出場。北都銀行で、昨年の世界選手権女王、永原・松本組に貫禄のストレート勝ち。高橋は「反省点もあったけれど、レシーブ場面でバタつくことなくできたのが良かった」とほっとした表情を見せた。

 どのゲームも接戦となったが、相手の長身を生かした攻撃を拾い続け、ミスを誘った。昨年末のワールドツアー・ファイナルでも同様の粘りのスタイルで制し、好調を維持できている。しかし松友は「結果だけなら昨年よりいいけれど、ここから徐々に上げて来年にいい状態を持っていきたい。そこまでに自分たちの形をつくっていけたら」と気を緩めることはなかった。 (平野梓)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ