トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[NFL]第53回スーパーボウルはペイトリオッツが6度目V

2019年2月5日 紙面から

スーパーボウルを制し、喜ぶペイトリオッツのブレイディ(12)とエデルマン(11)=アトランタ(UPI=共同) 

写真

◇第53回スーパーボウル ペイトリオッツ13−3ラムズ

 【アトランタ(米ジョージア州)APほか】全米スポーツ最大の祭典、第53回スーパーボウルが3日(日本時間4日)、当地のメルセデスベンツスタジアムで行われ、AFC代表ペイトリオッツが13−3でNFC代表ラムズに勝ち、2年ぶり6度目のNFL制覇を果たした。優勝6度はスティーラーズに並ぶ歴代最多。ディフェンス合戦となり、両軍計で16得点と大会史上最少となったが、最終第4クオーターにペ軍のQBトム・ブレイディ(41)がパスを4連続で成功させて計67ヤード獲得と決勝タッチダウン(TD)をお膳立て。選手個人では単独最多6度目の頂点に立った。

 残り5秒。ラムズが逆転の最後の可能性にかけた48ヤードFGが大きくそれると、ペイトリオッツのQBブレイディは勝利を確信し、両腕でガッツポーズ。そして雄たけびを上げた。チームメートと次々に抱き合いながら6度目となる頂点に酔いしれ、感情を爆発させた。

 自らが持つ「大会最年長勝利QB」記録を塗り替え「これ以上の瞬間はない。多くの人の力でここまで来られた。特に今日の守備は信じられないようなプレーをしてくれた」と満面の笑みをたたえた。

 加齢による衰えを感じさせる場面もあった。初めて投げたパスはインターセプトされ、相手守備の圧力を受けていない場面でも何度かコントロールが乱れた。ロングパスは投げる回数そのものが少ない。守備陣が会心のプレーを続け、前半、獲得距離がペ軍195ヤード−ラ軍57ヤードと大差だったにもかかわらず、スコアが僅差になった一因はブレイディにあった。

 だが、3−3と追いつかれた第4Qになって司令塔が輝きを取り戻した。自陣31ヤードで攻撃権を得ると、TEグロンコウスキーへ18ヤード、WRエデルマンへ13ヤード、RBバークヘッドへ7ヤード。そして、最後は2人のマーク受けたグロンコウスキーへ針の穴を通すようなコントロールでこの日最長の29ヤード。4連続でパスを成功させてエンドゾーンまで2ヤードに迫り、RBミシェルのTDランにつなげた。勝負どころでの切れ味は、かつて何度もスーパーを制してきた時と変わらなかった。

 「攻撃面ではもっとできた試合だった。だが、こういう試合で重要なのは内容ではなく勝つことだ」とブレイディ。通算237勝、スーパーボウル9度出場で6度制覇−。その全てがNFL記録という“生きる伝説”は、不惑を過ぎた今でもNFLで最も勝てる男として君臨している。

 紙吹雪が舞う表彰式の壇上。まな娘ビビアンを抱いたブレイディは来季について問われると「勝っても何も変わらない」と宣言。今季限りで引退するつもりはなく、45歳まで現役という方針に変更はない。なお貪欲に、来年も再来年もまた勝利を求めて戦い続ける。

◆両軍最多の10捕球でチーム鼓舞

 大会MVPに選出されたのはペ軍のエースWRジュリアン・エデルマン(32)。TDこそなかったが、両軍通じて最多の10捕球(141ヤード獲得)を記録。特にQBブレイディが精彩を欠いた前半に7捕球93ヤードと活躍し、チームを支えた。

 「現実とは思えない。つらい時期は続かないということ。タフな人間はそれを越えて生き続けるんだ」。昨季は開幕前のプレシーズン戦で右膝前十字靱帯(じんたい)全断裂の重傷を負い、シーズン全休。完全復活を期した今季も禁止薬物の陽性反応が出て開幕から4試合の出場停止処分を科されたが、めげずに最大の舞台で輝いた。

 苦労人らしく「守備がものすごかった。あいつらが真のMVPだ」と、同僚守備陣をたたえることも忘れない。2009年ドラフトの最終7巡目で指名を受け、何とか潜り込んだ世界。ペ軍一筋の生え抜きはこの日、ブレイディに次ぐペ軍の“顔”となった。

◆破壊力発揮できないまま、ラムズ完敗

 史上最年少33歳での勝利を目指したラムズのショーン・マクベイ監督だったが、スコア以上の完敗に「まだ、ぼうぜんとしている。完全にコーチング(采配)で負けた」と目はうつろ。

 スーパーボウルでの3得点は1972年ドルフィンズ以来となる最少記録。レギュラーシーズンでの1試合平均32・9得点(リーグ2位)という破壊力を全く発揮できないままの敗戦に、QBゴフも「人生で最もつらい敗戦だ。俺たちの力は分かっているのに、それを見せることができなかった」とうなだれた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ